So-net無料ブログ作成

「夏衣」 [日記・ブログ]

【写真は 今は盛りのバラ 東京 なぎさ公園】


バラ.jpg

春すぎて 夏来にけらし 白妙の

 衣ほすてふ 天の香久山    持統天皇


いつのまにか 春がすぎて 夏がやって来たようですね

  夏になると 真っ白な衣を干すといいますから

      あの香久山に


つい先日、桜が開花、満開と気持ちがハッピーな気持ちになったのですが、すでに6月、今日から夏の装いに衣替えです。


歴史を辿ると、古くは平安時代にすでに衣替えの慣習がありました。そのころは更衣(こうい)といって、旧暦の4月1日と10月1日に、冬服と夏服を着かえていたそうです。


麻やからむし(イラクサ科の多年草)で仕立てた夏用の涼しい単衣(ひとえ)を帷子(かたびら)といって、薄絹や上布などを用いた単衣を羅(うすもの)という。そうした涼し気な夏衣は、見る人に清涼さを感じさせてくれます。


学生さんの制服が半袖に切り替わると、さわやかな印象を受けますが、今日は土曜日で学校はお休み。さわやかな姿は月曜日までお預けです。



共通テーマ:日記・雑感